So-net無料ブログ作成
ムービーニュース ブログトップ

「海月姫」実写映画化決定! 能年玲奈がオタク女子役で出演、ほか菅田将暉さん、長谷川博己さん、池脇千鶴さん、篠原ともえさんなど [ムービーニュース]

海月姫(13) (講談社コミックスキス)




 「海月姫」実写映画化決定!

 講談社出版の雑誌「Kiss」にて好評連載中の漫画、『海月姫(クラゲヒメ)』が実写映画化することが決定しました。単行本は現在まで13巻発売し、累計発行部数は270万部を突破しています。

 クラゲを愛する女子、主人公の月海は、自らを“尼~ず”と言い「男を必要としない人生」を掲げるオタ女子たちが集うアパートで暮らしています。ある日行き着けのネットショップで、死にかけているお気に入りのクラゲを救出すべく店員に話すも口下手なため相手にしてもらえない。そこにたまたま通りかかった美女にクラゲを助けてもらう。深く感謝する海月であったが、その正体は、近所に住む政治家の次男「蔵之介」という女装趣味の人物だった。海月や彼女の住むアパートを気に入った蔵之介は、男性であることを隠して頻繁に出入りすることになる。

 倉下月海役に能年玲奈、鉄道オタクのばんば役に池脇千鶴、三国志オタクのまやや役に太田莉菜、枯れ専のジジ役に篠原ともえ、和物オタクの千絵子役にアジアンの馬場園梓といったメンバーが名を連ねています。注目すべきは、鯉淵蔵之介役の菅田将暉さん。女装趣味の美男子という役柄をどう演じるのか期待高まります。また、堅物なイケメンエリートなのに、女性恐怖症で童貞という鯉淵修役には長谷川博己さんが演じます。
 どのキャラクターも個性的で、どんな映画になるのか、今から期待高まります。



<コミックナタリー>
http://natalie.mu/comic/news/114619

<映画公式サイト>
http://www.kuragehi.me/


海月姫(13) (講談社コミックスキス)
東村 アキコ
講談社 (2013-12-13)

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

実写版「進撃の巨人」、軍艦島で撮影予定!? 三浦春馬が主演を務めることに。 [ムービーニュース]

 実写映画化する「進撃の巨人」。スバルとのコラボCMが発表される前は、否定的な意見が多かったが、CM放送後、クオリティの高さから実写映画化もありなのでは、という声が聞かれます。
 進撃の巨人の世界観を出すために、長崎県・軍艦島で撮影を予定しています。軍艦島は1.2kmの小さな島。その名のとおり、軍艦のようなコンクリートの島です。かつて、約5000人が住んでいた島で、炭鉱で栄えていたといわれています。建物を堤防代わりにしていたり、その建物は大正・戦前・戦後という時代の流れを感じられるものがみられる特殊な場所です。
 日本の場所とも思えない、ファンタジックな軍艦島を舞台に行われる撮影。「進撃の巨人」の舞台に近づけるには、うってつけの場所でしょう。

 さらに、主演をつとめる方が決定しました。それは、三浦春馬さんです。「進撃の巨人」には、登場キャラクターが多いですが、主演となると、誰の役になるのか気になるところです。




<映画.com>
http://eiga.com/news/20140403/1/






nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ゆるゆり」新作アニメーションはOVAに決定、劇場上映もあるよ [ムービーニュース]

コミック百合姫 2014年 05月号 [雑誌]






 以前も紹介しましたが、コミック百合姫で連載中の、なもり先生作品「ゆるゆり」の新作アニメーションが、制作されます。そして、2014年内にOVAとして発表!
 これは、3月18日に発売されたコミック百合姫5月号(一迅社)で告知されました。新作アニメは、劇場でも上映されるとのこと。ガールズ&パンツァーと同じく劇場公開ですか!?
 OVAを劇場で上映って流行ってるのかな?
 劇場公開される分、作画など期待できる部分がありますね。

 ゆるゆり情報は、3月22日に開催される「Anime Japan 2014」のゆるゆりステージで新情報も公開されるそうです。東京ビッグサイトに行く方は、チェックしてみてくださいね。


<コミックナタリー>
http://natalie.mu/comic/news/112348





【送料無料】ゆるゆり(10)特装版 [ なもり ]

【送料無料】ゆるゆり(10)特装版 [ なもり ]
価格:1,800円(税5%込、送料込)


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

映画「クローバー」関ジャニ∞の大倉忠義と、武井咲のベットシーン。大倉くんがリードする!? [ムービーニュース]





 映画『クローバー』は、少女マンガを原作にした実写版の映画です。1997年から少女マンガ雑誌「ぶ~け」で連載され、その後「Cookie」や「コーラス」に連載されている作品が原作です。この作品は大人の恋愛がテーマとなっている作品で、ベットシーンもあります。

 ヒロインの鈴木沙耶(すずきさや)は、ホテルに勤務するOL。これには、二十歳になったばかりの武井咲さんが抜擢されています。そして、彼女と恋に落ちる男性の柘植暁(つげすすむ)は、一言でいえばエリートです。同じ会社で恋愛関係になる二人。
 
【関ジャニ∞・大倉忠義(28)×武井咲(20)】
ふむふむ、これは見てみたいですね。鈴木沙耶(すずきさや)は、恋愛オンチでピュアな設定ということで、必然的に上司役である大倉くんがリードするカタチになるのでしょうか。二人の恋愛模様が見てみたいですね。

 この知らせに、ツイッターをはじめネットユーザーは、
「大倉くん、がんばれー」と声援を送るファンの方、
「女の子目線でお願いします」と意見を送る方、
「この作品、ベットシーン多いよね」と困惑する方、

などなど、意見が様々です。大倉くんのファンの方の中には、ヒロイン役に反対派の方もいました。

 累計発行部数888万部を誇る稚野鳥子氏の人気少女漫画。そして、この配役。もう見る選択しかありませんね!
 映画の上映は11月1日から上映予定。



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「大人だけのドラえもんオールナイト」がお台場で開催、懐かしい作品2作と新作のセット上映 [ムービーニュース]

s-draemon2014.jpg


 3月7日、お台場シネマメディアージュで、オールナイト上映会『大人だけのドラえもんオールナイト@お台場シネマメディアージュ』が開催されます。上映は、23時からです。

3月7日
22:00 〜 ドラえもん のび太の魔界大冒険(1984年)
23:40 〜 休憩
24:00 〜 ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜(2014年)
25:50 〜 休憩
26:20 〜 ドラえもん のび太の日本誕生(1989年)
28:00   終了予定

 まさか、旧作の「魔界大冒険」が見れるなんてっ。
 やっぱり、魔界大冒険は旧作じゃないといけません。もしもボックスによって変えた魔法の世界で、のび太とドラえもんが悪魔たちに、立ち向かう。魔法が使えない(正確には、使えるが成功率が低い)けど、科学の力で、どう戦うか、当時はワクワクしながら見てました。
 新作映画をはさんで『のび太の日本誕生』をもってくるのは、良いですね。
 7万年前の日本を舞台に、歴史を変えようと目論むギガゾンビ。そして、それに立ち向かうドラゾンビとその一行。ラストでのび太が大活躍する映画です。
 子どもの頃の映画館で席に座って、今か今かとわくわくしながら待つような感覚を、また味わってみませんか?


<チケット購入はドリパスで>
https://www.dreampass.jp/e613












nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アイカツ映画化決定! 『劇場版アイカツ!』(仮)、2014年12月公開 [ムービーニュース]

s-劇場版 アイカツ!.jpg


 2012年10月から放送されているアニメ「アイカツ! アイドルカツドウ!」が映画化され、12月に公開されることが決定されました。 
 「アイカツ!」といえば、2012年に発売されたデジタルキッズカードゲームのテレビアニメ。カードを使った芸能活動が行われている世界で、主人公の星宮いちごが親友の霧矢あおいと共に、スターライト学園に編入し、トップアイドルを目指します。
 原作ゲームを設置している店舗は3,000店以上、累計カード出荷枚数が1億枚もあり、女児コンテンツとしてはナンバーワン! 小学生がメインだが、中高生や大人まで、性別年齢を問わずに人気が広がって社会現象にまでなっているコンテンツです。

 映画『劇場版アイカツ!』(仮)は12月、全国公開。

<劇場版アイカツ!(仮)>
http://www.aikatsu-movie.net/













【送料無料】アイカツ! 2人のmy princess

【送料無料】アイカツ! 2人のmy princess
価格:3,999円(税5%込、送料込)


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

セガvs任天堂、ゲーム史に残る激闘が映画化決定! メガドライブの下克上を目に焼き付けろ! [ムービーニュース]

 セガvs任天堂、ゲーム史に残る激闘が映画化決定! メガドライブの下克上を目に焼き付けろ!
 セガと任天堂、一般にも知られるキャラクター、ソニックとマリオ。
 この両者が1990年代にシェアを獲得せんと激闘をくりかえした、ゲーム史にも残る激闘が映画化されることが決定しました。
 タイトルは、『コンソール・ウォーズ: セガ、ニンテンドー・アンド・ザ・バトル・ザット・デファインド・ア・ジェネレーション(原題)』。セガ VS 任天堂 のノンフィクション映画。
原作は、ブレイク・ハリスによって描かれた、テレビゲームがメジャーではなかった1990年代初頭を舞台に、ゲーム会社のセガと、当時から業界最大手だった任天堂の激闘のノンフィクション作品。出版元のAtlantic Booksです。
 
 1990年代初頭は、任天堂が「スーパーマリオブラザーズ」シリーズで一人勝ちしていたといっても過言ではない時代です。しかし、アメリカの市場では、1989年にメガドライブを発売したセガが、後に看板キャラクターとなるソニックが初登場のゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」などが大成功しました。一時は任天堂を上回るほどのシェアを獲得しました。

 ゲーム業界の下克上を描いたこの作品は、当時を知るゲームファンならば、まさに必見というべきでしょう。当時、セガのアメリカ支社でCEOを務めていたトーマス・カリンスキを中心に、その成功の舞台裏が描かれます。

<シネマトゥディ>
http://www.cinematoday.jp/page/N0060872











後半を読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
ムービーニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。