So-net無料ブログ作成
検索選択

名誉毀損!? ニコニコ動画で流行ったキーボードクラッシャーが、TBSで取り上げられる。本人は、演技と宣言済み [エンタメニュース]

 またまたテレビがやってしまいました。youtubeやニコニコ動画でおなじみの彼『キーボードクラッシャー』がネット依存症としてTBSで取り上げられてしまいました!
 キーボードクラッシャーとは何者かというと、ドイツ人(当時14歳)の少年です。奇声をあげ、キーボードを破壊する姿がyoutube、ニコニコ動画で評価されて彼の声を使ったMADも多く作られました。


▼彼の、キーボードを破壊する動画


 彼は奇声を上げてキーボードを破壊していますが、ネット依存などありえず、演技だということが本人から語られています。
 さらに、これはかなり前に話題となった動画。情報が古いにも関わらず、下調べもなしに"ネット依存症"として、紹介したことは、テレビの調査能力が笑われてしまいます。

 ネットの意見では、
「テレビ局しっかりしろよ!」と心配(?)する声、
「何年前のネタだよ?」とあきれる声、
「声だしてワラタwww」など爆笑する声、
などなど、テレビ局に対してマイナスの印象しか持たれなかったようです。


YouTubeから転載された動画と、それによって作られたMADにより認知されるに至った。人力ボーカロイドとして利用され、ドイツ製ボーカロイドとも呼ばれる。

ネットに登場した頃は、PCのFPSゲーム『Unreal Tournament』(アンリアルトーナメント)をプレイしていたことから「Unreal Gamer」と呼称されていた。後に日本に輸入されるようになると「アンリアル少年」、またpya!等の動画掲載サイトが出現するようになると現在の呼び名が定着した。なお、英語圏では"Angry German Kid"(怒っているドイツ人の少年)、略してAGKなどと呼ぶ。(他にも"Der echte Gangster"、"Slikk"、"Leopold"、等)

ロード時間の遅さ等、事あるごとにキレているが、本人によると全て演技だとの事。 当時の彼がFPS症候群だったのかnoobだったのかはいまだに謎である。
[ニコニコ大百科より引用]






スポンサーリンク



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。